用途に合わせた収納のある間取り

生活動線に相応しい収納スペースを設けることが大切

注文住宅を造る際には、収納を意識した間取りを考えることが欠かせません。家族構成に応じた間取りが備わっていても、適切な収納スペースが配置されていなくては、日々の暮らしの中に余分な動線が生じてしまいます。家事の時には、調理器具や食材を格納できる収納が必要でしょう。通勤時には、玄関口に多くのシューズを保管できる靴入れがあった方が良いものです。間取りを考える際には、日々の暮らしをイメージしながら、適切な収納スペースの配置を行うことを心がけていきましょう。

注文住宅を特集するサイトには、実際の施工事例を紹介するものも多く見られます。幾つかの事例を眺めながら、気になる施工パターンを見つけた際には、気軽に相談してみるのが良いでしょう。

収納する物を事前に検討しておく

収納スペースが備わる間取りが完成したとしても、余分なものがあっては保管スペースが足りなくなることも有り得ます。家屋に備わる収納スペースを考案する際には、どのような物を収納するかを含めた形での検討を行うことが欠かせません。クローゼットにしまう洋服と、捨てる洋服を仕分けするように、事前に必要であるかの見極めを行なっておくことが大切です。しまう物と不要な物を分けていく際には、チェックリストを作成して行うことを心がけましょう。

収納する物の中には、使う予定がなくても捨てられない物もあるでしょう。思い出の品などの分けて取っておく必要がある品は、天井などの普段は使わない収納スペースに置いておくのが良いでしょう。